2013年12月1日日曜日

もう一つのUSBカメラROSドライバ cv_camera

ROS hydroにcv_cameraをリリースしました。

https://github.com/OTL/cv_camera

hydro使っている人ならば、

$ sudo apt-get install ros-hydro-cv-camera

で入ります。


USBカメラのドライバは、一番メジャーなのが、Bosch作成のusb_cam

http://wiki.ros.org/usb_cam

だと思うのですが、他にも

http://wiki.ros.org/gencam_cu
https://github.com/ericperko/uvc_cam

とか色々あります。

でも、camera_infoをサポートしていなかったり、
Nodeletとして使えなかったり、キャプチャ周期を指定できなかったり、
不満がありました。

そこで以上の不満を解決するものをゼロから作ることにしました。

と、ここまで書いて、それらを満たすものを発見してしまいました。

http://wiki.ros.org/uvc_camera

あるある。。。。

cv_cameraは、OpenCVのcv::VideoCaptureを使うことで、
OSに依存しません。(OpenCVに丸投げ)

なので、OSXでも普通に動くのも特徴ですから。むしろそここそが特徴ですから!

と、思ったらuvc_cameraもOSXで動くみたい!オワタ。。。

3 件のコメント:

  1. 同じ系統のモジュールって厄介ですよねー.検索は簡単じゃないことあるし..
    最近も uEye カメラというちょっと普通じゃないカメラの ROS パッケージ探したら四つも出てきました.http://lists.ros.org/pipermail/ros-users/2013-November/068055.html

    返信削除
  2. 斉藤さんのそのメール読んでから、思い出してこの記事書きました。
    十分調査したつもりでも見逃しちゃいますね。

    返信削除
  3. 斉藤さんのそのメール読んでから、思い出してこの記事書きました。
    十分調査したつもりでも見逃しちゃいますね。

    返信削除